2016年7月
EI-1603

コダック、映画フィルム業界への継続的なコミットメントを確約

コダックによる英国アイ・デイリーズ社の買収は、クリエィティブなメディアであるフィルムに対する継続的なサポートの一環

2016年7月11日、英国ウォトフォード発:

コダックの映画フィルム業界への継続的なコミットメントは、フィルムでの製作が継続的に成長し、勢いを増すにつれて増大しています。フィルムの現像所は映画のイメージングチェインの欠くことができない一部で、そのフィルム製作者にクリエィティブな選択肢を提供する機能は我々に必須のものです。

コダックの継続的なサポートの一環として、コダックはアイ・デイリーズ社を買収しました。この買収はコダックの映画フィルム製作ビジネスへのサポートを反映するものです。本件と併せて業界への継続的な援助とサポートは、物語を語るための最適なメディアを選択する上で、クリエィティブなコミュニティに柔軟性をもたらします。

コダックのグル―バル チーフ マーケティング オフィサーでコンシューマー&フィルム事業部のプレジデントでもあるスティーブ・オバーマンは次のように語っています。「今日、英国は世界で最大のフィルム製作市場の一つです。私どもは世界中であらゆるタイプのプロジェクトに参画しているフィルム製作者にフィルムがオプションの一つであり続けるということを確約したいのです」

アイ・デイリーズ社の共同創立者でゼネラルマネージャーのナイジャル・ホーン氏は次のように付け加えます。「本件は、将来に渡たるフィルム オリジネーションへのコミットメントという点でフィルム製作のコミュニティに力強いメッセージを送りました。フィルム現像は、フィルム製作のパイプラインで基盤となるものであり、フィルムを支援することにおいて我々が近年英国で果たしてきた役割を誇りに思います」

【アイ・デイリーズ社(i dailies Ltd.)について】

 

英国ロンドン近郊で35/16mmネガ現像、35mmプリント、スキャニング、グレーディング、レーザーレコーディング等を提供しているフルサービスの映画フィルム現像所。ナイジャル・ホーン氏とクリーブ・ノアーク氏によって共同経営されている。

2013年以降に作業された劇映画作品には、『007 / スペクター』『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』『シンデレラ』『フューリー』などがある。TVコマーシャルやプロモーション、アーティスト、学校、フィルムアーカイブ向けのサービスも提供している。

<この記事をシェアする>

コダック合同会社

エンタテインメント イメージング本部
〒140-0002

東京都品川区東品川4-10-13  KDX東品川ビル 
TEL:050-3819-1470   FAX:03-6863-8357
・メールでのお問い合わせはこちら: motionjp@kodak.com

・配信登録を解除されたい方はこちら

・新規で配信登録されたい方はこちら

 ※設定変更を反映するまでにお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。

・コダック個人情報保護方針はこちら

 

本メールはメルマガ配信登録された方および名刺を交換していただいた方や弊社イベントに参加された方にお送りしています。

 

Copyright © 2016 Kodak Japan Ltd. All Rights Reserved.